ありがとね。

静かにせつさんが逝ってしまいました。5月の終わりです。

99歳に8日になったばかり。

あんきでは、なかなか98の壁が高すぎて越えられなかった。じーじもたけさんも、あと少しというとこだった。

ことさんもそうだった。

せつさんが99に近ずくにつれ、なんだか心細くなる自分たちがいた。

3月ころから食欲もなくなり、時々点滴したこともあった。いろんな工夫でなんとか食べてもらおうと努力した。

マイペースのせつさんは最後までマイペース。

たった1日半寝込んだだけだった。

  
これは、せつさんが並べたテーブルの上の写真。

何を思って並べてたんだろう。

お上品で、三味線の先生で、優しく思いやり溢れ、絶対音感に恵まれ、そして食いしん坊。

     何かおいしいものあるの?                       

     ありがとね。
手を引かれなが歩く姿が目に焼き付いて淋しいです。

もう、せつさんに会えない事がこんなに淋しいなんて…。

  
私もせつさんみたいなおばあちゃんになりたいな。

美しい最後の顔でした。

もうせつさんみたいなおばあちゃんには会えないでしょう。

だけどまた会いましょう。

2016年05月31日(火) 21時28分03秒 from あんきの小町