深見祇園祭り

去年は体調悪く、はつゑさんを連れてってあげられなかった深見の花火。

今年は何としてもいかなきゃ!

御年102歳、娘和子さん75歳、私5…歳。

体調万全。久々の自分家に車で40分。

pm6時、出発。

ビッツに乗ったらねちゃった!   
 
和子さんといろんな話ししながらあっと言う間につきました。

 
  
今は誰もすんでいませんが、はつゑさんの城、大事な城。

久しぶりに自分家の居間にゴロリ。 なんだか表情が違います!

  
 
デイサービスで作った作品。

   
 
持ち寄ったお料理で腹ごしらえ。

  
自宅庭からちょっとだけみえる花火

  

さて、もっと見える場所に大移動

    
 花火の明かりで自撮り。抱きしめたいほど愛おしくおもいました。

和子さんは地元の同級生に会い懐かしトーク中。

花火は見事て、こんなに迫力満点の花火は、初めてです。おすすめてす。

9時半前に花火は終了、つぎは神社に三国とお囃子を見に。

   
    
 
あんきに戻ったのは11時近く。

はつゑさんはいたって元気に帰ってきました!

素晴らしいお出かけとなりました。いつもは寝てばかりのはつゑさんが表情豊かに空気を風をかんじていました。

はつゑさんの生き様が感じられました。リュックを背負ってお店まで山道を買い物に歩いたそうです。お蚕もたくさん飼ったそうです。

我慢強いはつゑさんのルーツを垣間見る事ができ宝物が増えた気分になりました。

来年のことはわかりません、明日のことさえわかりません。

       でもまた、きっとまた…

2016年07月25日(月) 15時24分12秒 from あんきの小町